軽自動車 車検費用 内訳

車検を安く済ませたいならら
まずは業者を比較する事から始めよう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!

軽自動車の車検費用の内訳ってどうなってる?

車検費用の内訳は、どのようなっているかは気になるところですが、何かと費用がかかるようになっています。

 

軽自動車の車検費用は、自家用車を所有している場合、嫌でも必ずやってくるもので、支払わないといけません。

 

継続検査の時期になると、軽自動車の車検費用はかかってくるわけで
車検が切れている車は使用できません。

 

それをすると道路交通法違反となり処罰されてしまうので
軽自動車の車検費用は、嫌でも支払わないといけません。

 

絶対に車検を受けなければならないわけで、これは軽自動車だけでなく、普通自動車でも車検費用はかかります。

 

普通車も軽自動車も同じことで、車検費用はどうしても必要で、それなりの額が必要になってきます。

 

しかし、軽自動車の車検費用については
まだ、数万円程度の費用で済むので、普通自動車と比べると負担は少ないです。

 

車検費用は、軽自動者の場合、どのような内訳になっているのかというと、まず、法定費用とがあります。

 

軽自動車の車検費用の法定費用は
内訳として、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料の三つにわけられます。

 

自動車重量税は、車検期間中、重量税を前払いする形となる軽自動車の車検費用で
エコカーか否か、新車登録後13年を経過しているかで変わります。

 

軽自動車の場合、車検費用は、エコカーであれば5000円、13年経過の車であれば7600円になります。

 

自賠責保険料という軽自動車の車検費用は
継続検査を受検する時期で違ってくることになります。

 

24か月契約が必要な場合、軽自動車の車検費用は26370円
25か月契約が必要な場合、27240円になります。

 

自賠責保険料は値上がり傾向にあるので
軽自動車の車検費用は、検査協会に確認しておく必要があります。

 

車検費用の内訳として、検査手数料については
ディーラーや車検専門業者に依頼することになります。

 

自分で継続検査を受検するユーザー車検の場合
軽自動車の車検費用はかなり安くなります。

 

ディーラーや車検専門業者などの指定整備工場に依頼すると
軽自動車の車検費用は、保安基準適合証があれば1100円です。

 

それ以外であれば、軽自動車の車検費用の検査手数料については
1400円ということになります。

 

軽自動車の車検費用の法定費用の内訳は3つになりますが
ユーザー車検なら、法定費用だけでよいです。

 

ディーラーや専門業者に全てを任せる場合
軽自動車の車検費用として、車検基本料や工賃などが加わります。

どこよりも安く車検をしてくれる業者
一括見積りをして最安値を探そう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!