軽自動車 車検費用 法定費用

車検を安く済ませたいならら
まずは業者を比較する事から始めよう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!

軽自動車の車検費用と法定費用

車検費用は車を持っている方なら誰でも必要になるものなので、どのくらいの費用がかかるかくらいは把握しておきたいです。

 

ついでに相場を確認しておくと、今自分が払っている車検費用が高いのか安いのかを客観的に認識できるようになります。

 

最近は、車両価格ではそれほど安さを感じないかもしれませんが維持費は依然として安い軽自動車は車検費用も控えめです。

 

ところで、一口に車検費用といっても幾つかの要素によって構成されています。

 

車検のうち、どんな状況でも必ず支払わなければならない要素は
車検費用の中で法定費用と呼ばれるものです。

 

自動車に精通している方ならユーザー車検で
車検費用の大半を無視できるのですが
この法定費用ばかりはどうにもなりません。

 

車検費用の中でも法定費用ではない方
車検基本料と呼ばれるのですがユーザー車検を利用すれば無視する事が出来ます。

 

しかし車検基本料の中でも24ヶ月点検整備と呼ばれる
言ってみれば車検の本丸となるものをセルフでというのは難しく
結局車検費用に上乗せされてしまうかもしれません。

 

とにかくチェック項目が多く、それ用の技術や工具を要求されるため
車検費用を抑えようという動機だけで挑むのは大変です。

 

もっとも、法律的にはセルフだろうと依頼だろうと行いさえすれば問題ないので
徹底的に車検費用を抑える事に挑戦してみるのも良いでしょう。

 

車検費用を徹底的に抑えるなら、乗る車は軽自動車一択になります。

 

重量税の時点で大きなアドバンテージがありますから
車検費用のうちの法定費用が安くなるのです。

 

車検費用は、基本的にはかけた分だけしっかりと点検整備して貰えます。

 

ディーラーだから車検費用が高いのではなく
しっかり丁寧にチェックしてくれるため割高になるのです。

 

車検費用が安い場所、たとえばガソリンスタンドでは
最低限のチェックだけが行われるため
不安があるなら別途自分でチェックしなければなりません。

 

せっかく軽自動車や法定費用といった
車検費用を安くするポイントを押さえていても後で
すぐに故障してしまうようでは意味がありませんからね。

 

走行距離が増えてきた時の車検では
車検費用よりもチェックの精度を重視したいですね。

 

念のために、車に乗る機会が少ないから車検費用重視で
消耗品も特に気にしなくて良いという事にはなりません。

 

ところで、車検費用のうちの法定費用に含まれている重量税ですが
基本的には軽自動車なら一律です。

 

ただし最近では、エコカーか否かで微妙に違ってくるようですね。

どこよりも安く車検をしてくれる業者
一括見積りをして最安値を探そう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!