車検 LCC交換

車検を安く済ませたいならら
まずは業者を比較する事から始めよう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!

車検でLLC交換は必要?

車検でLLCの交換は必要かというと、はっきり言って性能の良い新しい車なら交換の必要はないでしょう。

 

基本的に冷却水は2年ごとに交換が必要と言われているので、車検でLLCの交換をするというのは間違ってはいません。

 

冷却水はただの水ではなくエンジン内部の錆を防ぐ役割があるので、車検でLLCの交換をするというのは正しい選択です。

 

消泡性能を持つ機能部品であるLLCの交換は必須で
年数が経つと劣化するので、車検時には交換しておきたいところでしょう。

 

放置すると色も濁ってくるので、車を長く維持したいなら
2年ごとの車検でLLCの交換はむしろオススメです。

 

乗り換え前提の乗り方をするなら
特に車検でLLCの交換は必要ないかもしれませんが
大事に車を乗るなら交換しておくべきです。

 

4年程度交換しなくてもいきなり故障するわけではないですが
車検でLLCの交換をしておけば安心できます。

 

車検でLLCの交換をするかどうかは、車種によっても変わり
新しい車種ならLLCの性能が優れています。

 

エンジン側もそれなりの材質を使用している車種であれば
車検時に特にLLCの交換は必要ないかもしれません。

 

ただし、そうでない車種では無理な話で
やはりマメに車検でLLCの交換をしておくことは大事です。

 

LLCの役割はエンジン冷却水で熱を冷ます役割があるので
車検でLLCの交換をする必要性はおおいにあります。

 

交換しておかないとエンジンのオーバーヒートを招く恐れがあり
エンジンが動かなくなることもあるので車検での判断は大事です。

 

劣化すると正常時には赤や緑色なのが茶色のような色になるので
車検以外でも換え時はとりあえずわかります。

 

冷却水の色を確認すれば簡単にできるので
車検でLLCの交換を検討しているなら確認してみましょう。

 

車検でLLCの交換は必要なのかというと
液体の色が変色しているなら交換する時期と言えます。

 

液体の色は目視で確認可能で
車検でLLCの色が指摘された場合は、交換した方がいいでしょう。

 

これまでのLLCの寿命は2年となっていたので
ちょうど車検の間隔と同じでタイミングでベストな交換時期でした。

 

しかし今ではメーカーによって寿命の長いLLCがあるので
車検で交換する場合、確認する必要があります。

 

スーパーLLCの場合は、新車の場合は7年で以後4年ごとの交換との説明があるので
車検毎に交換する必要はないでしょう。

 

ウルトラLLCというものもあり
新車だと11年、以後6年ごとと長くなっているので
交換は3回毎の車検で十分です。

どこよりも安く車検をしてくれる業者
一括見積りをして最安値を探そう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!