車検を安く済ませたいならら
まずは業者を比較する事から始めよう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!

軽自動車の車検費用は安いのか?

軽自動車の車検費用は、一般的に、普通車と比べてかなり安いというのが、世間一般の常識になります。

 

通常、軽自動車の車検費用については、55,000円くらいであれば、かなり安いということになります。

 

ガソリンスタンドなどで、軽自動車の車検費用の見積りをしてもらうと
割引などもいれて55,000円くらいになることがあります。

 

自賠責保険 が21,970円、重量税が 7,600円、印紙代 が1,400円
継続検査手数料が 5,250円などが軽自動車の車検費用になります。

 

それに、 車検基本料 8,925円と法定24カ月点検10,290円で
そこから3000円割引で、軽自動車の車検費用は55,000円になります。

 

ただ、軽自動車の車検費用についてはもっと安いところもあり
4万円台で車検できるところもあります。

 

乗っている車によっても違うので
軽自動車の車検費用が安いかどうかについては、はっきりとは言えません。

 

軽自動車の車検費用は、安いのは事実なのですが
車の知識がほとんどない場合、相場はよくわかりません。

 

車の管理というのは、お金がかかるもので
軽自動車でもエンジンオイルを交換しないと焼き付いてエンジンがダメになります。

 

車にはエンジンだけでなく、ブレーキ回り、足回り、各部のメンテナンスが必要で
軽自動車の車検費用は安いと言ってもそれなりにかかります。

 

壊れたら、修理に数万〜数十万かかるので、軽自動車の車検は、きちんとやる必要があります。

 

壊れないようにメンテすることも大事ですが、軽自動車の車検の際には
ブレーキフルードやキャップは交換したほうがいいです。

 

軽自動車の車検費用は、法定費用と車検代行費用、点検費用
消耗品の交換等の費用と工賃が別途必要になります。

 

何回目の車検なのか、走行距離はどれくらいかで、軽自動車の車検費用が安いかどうかが決まります。

 

軽自動車の車検費用は、その車の状態次第で安いかどうかがかなり違ってくるので一概には言えません。

 

公的費用と自賠責、証紙代、重量税、それに代行料や整備料が加わると
軽自動車の車検費用は安いとは言えないかもしれません。

 

また、軽自動車の車検に際しては、最低でもラジエター液とブレーキ液の交換、ベルトの点検はやるべきです。

 

ディーラー等の場合で、24ヶ月点検整備、ブレーキ分解整備などで検査機械使用料が加わると
軽自動車の車検費用は高くなります。

 

車検に通るためには、軽自動車の車検では、ブレーキパッドやシューの交換、ゴム製品の交換は必須です。

 

エンジンオイル、フィルター、オートマチックオイルの交換、タイヤ交換などは
軽自動車の車検の際にやっておいた方が良いです。

どこよりも安く車検をしてくれる業者
一括見積りをして最安値を探そう!

>>全国対応『お宝車検.com』で一番安い業者を探す!